<HOME><センターの紹介><組織及び推進体系><センター課題,取組><試験研究成果など><研究生募集><お知らせ><アクセス><リンク>

学会等等発表


研究発表会 学会等発表

 ※ 申し訳ございません。現在このページは更新作業中です。
 1999年以降分をタイトル,筆者名等のみ掲載してあります。 
 お手数ですが,当センターにお問い合わせ頂くか,各学会のホームページで,或いは,論文検索システムなどで検索・ダウンロードして 頂くようお願い致します。
 当センターへお問い合わせいただいた場合,別冊の予部かコピーを送付いたします(別冊等が既になく,対応できない場合もありますこ と,予め御了承ください)。
  ※ タイトル,筆者名等のみ掲載:論文の著作権等の兼ね合いで当ホームページへ掲載できない場合があるため。
 あしからずご了承ください・・・。

日 本林学会誌 Vol.81 No.4

 ■川内博文・後藤晋

  鹿児島県のマツノザイセンチュウ抵抗性クロマツ採種園におけるクローン管理のモニタリン グ


日 本林学会誌 Vol.86 No.3

 ■佐藤嘉一

  粘着トラップによるケブカトラカミキリ成虫の捕獲消長と空間分布調査


日本森林学会誌 Vol.87 No.1

 ■佐藤嘉一

  ケブカトラカミキリによる被害木の空間分布およびその成立要因としての成虫の走光性


日本森林学会誌 Vol.87 No.3

 ■佐藤嘉一

  ケブカトラカミキリ成虫の飛翔能力


日本森林学会誌 Vol.88 No.2

 ■長濱孝行

  長伐期施業に対応した鹿児島県スギ人工林収穫予測


日本森林学会誌 Vol.88 No.4

 ■川口エリ子

  クロマツ切り枝における皮層樹脂道の形質とマツノザイセンチュウの移動との関係


日本森林学会誌 Vol.88 No.5

 ■川口エリ子

  庇陰処理下におけるクロマツ苗のマツ材線虫病の病徴進展とマツノザイセンチュウの動態


第54回 日本林学会九州支部大会(研究論文集第52号)

 ■佐藤嘉一

  ケブカトラカミキリの生態と防除(I)−分布・脱出消長・産卵消長−


第55回 日本林学会九州支部大会(研究論文集第53号)

 ■柱敦史

  タワーヤーダの架設・撤去時間等に関する算出式

 ■長濱孝行

  針広混交林の林分構造−スギ・クスノキ80年生林分について−

 ■佐藤嘉一

  ケブカトラカミキリの生態と防除(II)
  −イヌマキ樹幹上での成虫の行動とフェニトロチオンの接触毒性−


第56回 日本林学会九州支部大会(研究論文集第54号)

 ■柱敦史

  チェーンソー及びプロセッサによる伐木造材作業

 ■佐藤嘉一・住吉博和

  鹿児島県におけるシカ糞消失とそれに関与した昆虫類

 ■税所博信・重森宙一

  海岸防災林におけるウッドチップマルチングの施工効果

 ■前迫俊一

  隣接するスギ林と広葉樹林の表層土壌の化学的性質の比較について


第57回 日本林学会九州支部大会(九州森林研究第55号)

 (論文)

 ■小山孝雄

  抵抗性クロマツの家系別植栽地における成長特性について

 ■長濱孝行

  針広混交林の誘導技術に関する研究−スギ人工林内への広葉樹植栽試験−

 ■佐藤嘉一

  ケブカトラカミキリの生態と防除(III)
  −2種のBeauveria 属菌の殺虫効果と感染雌成虫の産卵消長−

 ■中屋雅喜

  治山事業山腹工施工地に造成したスギ林の成育状況について

 (速報)

 ■住吉博和

  鹿児島県阿久根大島におけるシカ生息密度推定法の検証試験

 ■前迫俊一

  隣接するスギ林と広葉樹林の表層土壌の物理的性質の比較について

 (報文)

 ■井手幸樹

  造林地へ侵入する竹類の薬剤による枯殺効果について


第58回 日本林学会九州支部大会(九州森林研究第56号)

 (論文)

 ■柱敦史

  奄 美地域におけるリュウキュウマツの集材工程について

 ■長濱孝行

  鹿児島県産スギ精英樹の材質特性(T)−ヤング率からみた品種間差について−

 ■片野田逸朗

  蒲 生町西浦地域における竹林拡大の実態

 ■佐藤嘉一

  桜島におけるカシノナガキクイムシ被害

 ■住吉博和

  3種類のシカ生息密度推定法の検証試験

 (速報)

 ■前迫俊一

  崩壊発生周期を用いた土壌炭素蓄積速度の推定(T)−2シラス土壌−

 ■川口エリ子

  土 木資材として利用されるスギ材の耐久性


第59回 日本林学会九州支部大会(九州森林研究第57号)

 (論文)

 ■小山孝雄

  鹿 児島県におけるスギさし木品種と精英樹20クローンのRAPD分析

 ■長濱孝行

  鹿 児島県におけるイチイガシ人工林の林分構造

 ■片野田逸朗

  ヒ ノキ人工林に侵入したモウソウチクの葉群とヒノキ樹冠との関係

  
■佐藤嘉一ほか

  桜島におけるカシノナガキクイムシ成 虫の脱出・誘引捕獲消長とマテバシイ生立木への加害

 (速報)

 ■住吉博和

  鹿 児島県における枝物(シキミ,サカキ,ヒサカキ)栽培地の発生病害虫

 ■前迫俊一ほか

  崩 壊発生周期を用いた土壌炭素蓄積速度の推定(U)
  −崩壊発生後60年および90年経過したシラス土壌−

 (報文)

 ■川口エリ子

  異 なる育苗容器で成育させたオキナワウラジロガシの根系の発達と初期成長


 第60回 日本林学会九州支部大会(九州森林研究第58号)

 (論文)

 ■長濱孝行

  鹿児島県スギ人工林における長伐期施業育林管理基準の作成

 ■満留良文

  小規模林分における間伐材集材作業システムの検討
  −ウィンチ付きバックホウ集材とスキッダ集材による生産性の比較−

 ■小山孝雄

  シキミの開葉におけるクローン特性

 ■片野田逸朗ほか

  造林地に侵入したモウソウチクの繁殖過程とその継続的な皆伐による駆逐効果

 ■片野田逸朗ほか

  ナガゴマフカミキリの発生消長と中国産クヌギに地する産卵選好性

 ■片野田逸朗ほか

  中国産クヌギの形質的特性とシイタケ原木としての適性

(報文)

 ■森田茂ほか

  殺線虫剤の移動を利用したマツ根系癒合の立証

 ■井手幸樹ほか

  ソテツの種苗生産技術に関する研究
  −奄美大島における新しい特用林産物への取り組み−


第61回 日本林学会九州支部大会(九州森林研究第59号)

(論文)

 ■住吉博和

  亜熱帯性天然生広葉樹林における除伐効果について

 ■片野田逸朗

  モウソウチクの侵入前線における伐竹範囲が親竹の再生に及ぼす影響

 ■片野田逸朗・大久保秀樹

  ナガゴマフマカミキリのシイタケほだ木に対する加害選択性

(速報)

 ■満留良文

  小面積の間伐に適した集材作業システムの検討
  −ウィンチ付きバックホウ集材の作業条件の違いによる生産性の比較−

 ■小山孝雄

  シキミクローンの成長特性T
  −開葉特性と成長量との関係−

 ■下園寿秋・前迫俊一

  林道切土法面における種子量を削減した吹付緑化について


第62回 日本林学会九州支部大会(九州森林研究第60号)

(速報)

 ■下園寿秋

  根株等の粉砕チップを利用した林道切土法面の緑化について

 ■大久保秀樹・片野田逸朗

  中国産クヌギと国内産クヌギにおけるシイタケ発生量の比較(1)
  −発生初期における収量比較−

 ■片野田逸朗

  親竹として残すべきタケノコの選定基準の検討


日本緑化工学会誌 Vol.31 No.1

 ■下園寿秋・前迫俊一・上野敏夫・中屋雅喜

  森林表土を用いて吹付緑化した林道切土法面における植生の動態について


日本緑化工学会誌 Vol.32 No.1

 ■下園寿秋

  切土法面における種子を配合しない吹付けについて