<HOME><センターの紹介><組織及び推進体系><センター課題,取組><試験研究成果など><研究生募集><お知らせ><アクセス><リンク>

沿  革


沿 革 組 織 業務内容 施 設

昭和 4.10.30 鹿児島県林業研究場として設立
        5. 研究生の養成制度発足
        6. 鹿児島県林業試験場と改称
       16.          県下各市町村に設立された森林組合の技術員を急速,大量に養成するため短期(6ヶ月)養成の練習生制度を研究生制度に併設(昭和20年この制度を廃止するまで153名を森林組合の中堅技術員等として養成)
       33. 4.        大島林業指導所が大島郡龍郷町に設立され,奄美群島の林業技術の開発,普及指導,林業技術者の養成に着手
       36. 2.        昭和35年度を始期とする林業試験場の拡充計画にもとづき,現在位置に本庁舎及 び付属施設を新築竣工
       36. 7.        行政組織規則の一部改正により,庶務係・経営係・育種係の3係制を庶務課・経営課・育種課の3課に改制
       39. 3.  土壌実験室(40u鉄筋)が竣工
       39. 7.  行政組織規則の一部改正により,従来の3課制から庶務課・保護課・造林課・育種課の4課に改制
       41. 3. 椎茸用フレーム・育苗用フレーム・育苗シリンジ施設・スプリンクラー・育苗用浸水槽等を新設のほか,接種室・昆虫飼育室・林業機械室を増設
       42. 8.  育種課を廃止,経営課を新設。これに伴い育種事業は,採種園,採穂園の造成のみ行い,管理については県造林課へ業務移管 
       43. 3.  昭和42年から林業試験場整備計画にもとづき,研究室2室(98u)が竣工
       44. 7. 庶務課を総務課と改称
       44.12.  大島林業指導所を林業試験場に包括し林業試験場大島分場と改称 
       45. 4.  林業試験場ならびに研修所の新整備拡充計画(用地拡張,諸施設増改築,樹木園・圃場等の整備)を作成し,用地の買収に着手し,昭和46年3月3.94haの土地買収をほぼ終了
       47. 3.  研究室(162.41u)が竣工
       49. 6. 樹木園の一部及び研究室の増築(140u)が竣工 
       50. 3.  環境調節実験室(161u),恒温恒湿装置(コイトトロン)5連が竣工 
       51. 3.  昆虫飼育実験室(70u),網室(40u)が竣工
       51. 7.  行政組織規則の一部改正により,本場の従来の課制を,庶務部・保護部・育林部・経営部の4部に改制
       52. 3.   しいたけ乾燥室(49.5u),のうさぎ飼育舎(77.0u)が竣工
       53. 3. ミストハウス(226.8u),車庫(102u)が竣工
       54. 3.  ミストハウス2棟(465u)が竣工
       55. 3.  堆肥舎(50u),薬剤実験室(26u),展示室(38.88u),しいたけ人工榾場(312u),作業室,倉庫,機械器具庫(290u),土壌・薬剤分析室(50.41u)が竣工
       56. 6.  網室(23.4u)が竣工 
       58. 1.  行政組織規則の一部改正により,大島分場を廃止し,龍郷町駐在に改制
平成  2. 3.  バイテク施設竣工
        3. 2.  冷暖房設備竣工
        4. 3.  未買収用地(1,412u)の買収完了
        6. 3. バイテク馴化施設整備,環境調節実験室空調施設竣工
        6.12.  場長公舎解体
        6.12.  実験室空調設備竣工
        7. 3.  薬剤実験室空調設備竣工
      13. 1.  「21世紀新かごしま総合計画」で林業試験場の機能強化と整備を決定 
      19. 4.  県林業振興課に配置していた林業専門技術員を統合して「鹿児島県森林技術総合センター」と改称し,庶務部・森林環境部・資源活用部・普及指導部・龍郷町駐在に改制
     24. 4.龍郷町駐在を廃止